FC2ブログ

おぼえておきたいこと わすれちゃいけないこと

 
02
 
新潟県の公立高校一般入試の最終志願状況が発表になり
今年卒業する娘の学校が一番人気だった。

その高校は娘が入学した翌年に高校名がかわり
男女共学になり、校舎も新しくなった。
何から何まで変わった。

前の高校名の時は、偏差値の高い高校ではなく
それでも交通の便も良く、就職には強かったので
娘はその学校を志望した。(まあ、頭の方もね…笑)

学校が変わる話は入学前からあったが
「新しい校舎で勉強できるからいいね~」くらいだった。
今に至るまでの学校の対応と内情を娘から聞き
(いや、子供側の話を一方的に鵜呑みにしちゃ危ないけど)
それでも前の高校からの生徒と
新しい高校として厳しい倍率で入学した生徒への
確執や差別があったのは想像できる。
それに、先生方の確執というかなんというか
まあ、ごたごたが生徒側にさえ伝わったらしい。

なにはともあれ、娘は高校を卒業するけれど
果たして、あの学校を母校と呼べるのだろうか。
それでも娘は新校舎で勉強できたから
それなりの思い出もあるだろうけれど
もっと前に卒業した人は、あの新校舎と
あの新しい校名で懐かしいと感じるのだろうか。

こんなこと言うと極論で誤解を生みそうですが
まるで最後の邪魔者がいなくなるみたいな
少数派を排除するみたいな
そんな雰囲気すら感じてしまう。

すこし、別の意味で寂しい卒業式になりそうです。。

Comment

2005.03.02 Wed 13:07  |  

私は、会社組織でそのような経験をしました。今の時代、会社も同業種は、弱肉強食の時代、弱者が吸収される、
私のいた会社は、潰れた会社を引き受けしました。引き受けをするまでの会社は、とても楽しかった。同業種とはいえ、それまでは、ライバルの会社の人間とはどうもしっくりとこない。自己都合で退職をしてしまいました。今は、畑違いの業種で独立していく為、日々行動しています。本来ならば、お世話になった人に挨拶に行くのが普通だと考えてしまいますが、会社の看板を見るだけでも嫌です。人との出会いでも、最近は、最悪です。相手は、平気で嘘をつき、人の心を平気で乱しグチャグチャにされました、人を潰してまでも、自分の夢を追いかけ何とも思わない人間と出会ったのは初めてだったので、立ち直るまで時間がかかりました。そんな人が心理学を勉強し、周りに嘘の幸せを振りまいている事が理解できない人がいるんです。寂しい人だ。嘘を付いていく人生って楽しいのでしょうか?
ごめんなさい、Blogの内容とコメントずれてしまいました。

  • #-
  • エンジェル
  • URL

2005.03.04 Fri 00:21  |  

初書き込みになります。
新潟県関連サイトを運営しています、
あきたんです。
今後とも宜しくどうぞ。

記事を拝見して、その寂しさを痛感します。近年、こちらのように統合も増えている現実があります。そこへの思い出ももちろん大切ですが?今後の繋がり、などの部分で交流するものは多くあると感じます。

子ども達には?関係がない部分ですので、そこは本当に理解が必要と感じます。
書き込みに失礼がありましたらすみません。

2005.03.04 Fri 08:50  |  

▽エンジェルさん
お返事遅くなってごめんなさいね。潰れた会社を引き受ける会社、辞めざるをえない状況、平気で嘘をつく人。本当に大変でしたね。。もう数年前になりますが、私も会社の事業撤退があったり、ゴタゴタがあったり、人にだまされたり…腸が煮えくり返るほど人を恨んだ時期がありました。まあ、わたしのことはいいですが。(汗
実は「ここにいるよ」というサイト名は中島みゆきの「空と君のあいだに」から頂きました。(正確には槙原敬之のカバーを聞いて感銘したんですが)その中で「憎むことでアイツにしばられないで」みたいな一節があったんですが、いつまでも人を恨んでばかりでは負のパワーが充満して笑えないんですよね。人生楽しめないんですよね。
なので、わたしは人を憎むことはやめました。そのパワーを他に使うことにしました。
エンジェルさんは今のご自分の状況を「最悪です」とおっしゃいましたが、最悪だと思うと本当に最悪になっちゃうんですよ。物事って等価交換で、得たつもりでも何かを失っていて、失ったつもりでも何かを得ているんだと思います。お金持ちな人は、財を得た分、小さな喜びを失い、職を失った人は、自由を得たり、人のありがたみを感じたり。こんな状況でも、まだまだ行ける!そう思ってみてください。きっと良い事がめぐってくると思いますよ。(^^)

▽あきたんさん
いつも拝見しております。こちらこそよろしくお願いします。
統合、確かに増えてきていますよね。少子化が進んでいるので仕方ないと思います。きっと母校がなくなったなら、まだ諦めがつくと思うのですが、こういう中途半端な状態なのでついついぼやいてしまいました。すみません!!
母校って、いつまで経っても母校なんですよね。特別な存在なんだと思います。高校三年間の思い出だけは忘れないでほしいなと思ってます。
書き込み、ありがとうございました!

2005.03.04 Fri 10:23  |  

あんまま(別)さん。
温かいお返事ありがとうございます。

  • #-
  • エンジェル
  • URL

2005.03.04 Fri 10:52  |  

こんにちは。

私の場合は校舎ですかねぇ。幸いなことに通った学校は全てありますが、小学校と中学校は卒業してから3年くらいで新校舎に建て替えられました。私の通った校舎は木造だったんですよ。なので、新しい鉄筋校舎を見ても母校ってイメージは皆無ですね。

高校は鉄筋だったのですが、こちらも数年前に立て替えられました。何回か外からは見てますがやはり母校って感じがしないなぁ。。これも時代の流れなんでしょうけどね。

2005.03.07 Mon 01:29  |  

▽エンジェルさん
大きな口きいてごめんなさいね。こちらこそ、これからもよろしくです。

▽Daaさま
そうですね。時代の流れって感じますね。わたしも小中高の母校は未だそのままにあるんですが、周りの様子が激変して何か違う風景みたいです。案外、通学路自体の景色も覚えているもんですね。
そのままでいてほしいって難しいもんですね。。






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://annmama.blog2.fc2.com/tb.php/40-751fd783
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

最近の記事

過去ログ +

2013年 10月 【1件】
2013年 08月 【1件】
2012年 09月 【10件】
2012年 02月 【1件】
2012年 01月 【3件】
2011年 08月 【3件】
2011年 05月 【4件】
2011年 03月 【1件】
2011年 02月 【1件】
2011年 01月 【3件】
2010年 12月 【2件】
2010年 11月 【2件】
2010年 10月 【1件】
2010年 09月 【1件】
2010年 08月 【2件】
2010年 07月 【2件】
2010年 06月 【1件】
2010年 05月 【6件】
2010年 03月 【1件】
2010年 02月 【1件】
2010年 01月 【4件】
2009年 12月 【6件】
2009年 11月 【7件】
2009年 10月 【4件】
2009年 08月 【4件】
2009年 07月 【10件】
2009年 06月 【2件】
2009年 05月 【2件】
2009年 04月 【3件】
2009年 03月 【1件】
2009年 02月 【1件】
2009年 01月 【5件】
2008年 12月 【5件】
2008年 11月 【4件】
2008年 10月 【1件】
2008年 08月 【1件】
2008年 07月 【1件】
2008年 06月 【1件】
2008年 03月 【2件】
2008年 02月 【8件】
2008年 01月 【8件】
2007年 12月 【2件】
2007年 11月 【4件】
2007年 10月 【2件】
2007年 09月 【3件】
2007年 08月 【5件】
2007年 07月 【3件】
2006年 06月 【1件】
2006年 03月 【1件】
2006年 02月 【2件】
2006年 01月 【12件】
2005年 12月 【3件】
2005年 11月 【4件】
2005年 10月 【1件】
2005年 09月 【11件】
2005年 08月 【8件】
2005年 07月 【7件】
2005年 06月 【10件】
2005年 05月 【12件】
2005年 04月 【15件】
2005年 03月 【18件】
2005年 02月 【8件】
2005年 01月 【19件】
2004年 12月 【21件】
2004年 11月 【9件】
2004年 10月 【22件】
2004年 09月 【38件】
2004年 08月 【21件】

カテゴリー

プロフィール

annmama

  • Author:annmama
  • 新潟在住、アラフォーで三人の子持ち。ステップファミリーだったり、元ライターだったり、出版社勤務経験あり?だったり、そんな普通じゃないような「あんまま(別)」の普通な毎日です。
    mixiでこの猫を探してください。
    メールはこちらから

最近のコメント

最近のトラックバック

RSSフィード

カレンダー

06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

リンク

ブログ内検索

Copyright © annmama / Designed by Paroday