FC2ブログ

おぼえておきたいこと わすれちゃいけないこと

 
27
 
昨日、かなり大掛かりな作品が形になって
そのベースになる部分にだいぶ携わっていて
きっと誰もが「これ、完成するんかい?」と不安になりつつ
出来上がってみたら、しっかり作品になっていた。

一冊の本を仕上げるために
原稿にあげる、リライトする、組版する、表紙を作る
加工する、校正する、印刷する、製本する、etc…
たくさんの人が関わっている
「おめでとう」「ありがとう」
「@@さんのお陰です」「いやいや○○さんお疲れ様」
そんなことばが社内で飛び交っていた。

よかったよかった
これで冥土の土産ができました

そしてもうひとつ
ある本が新聞社に紹介されて
問い合わせの電話がビシバシかかってきた。
正直、新聞に掲載されるということが
こんなに影響力があるとは思わず
担当のじぶんは、心の準備ができてなくて右往左往(笑

じぶんの企画が通って、それが形になって
その反応が感じられて、少しでもお役に立てたみたいで

よかったよかった
これで冥土の土産ができました。

ということで、早く辞めたいんでつが…(=´▽`)ゞ

Comment






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://annmama.blog2.fc2.com/tb.php/27-4ba38f14
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

最近の記事

過去ログ +

2013年 10月 【1件】
2013年 08月 【1件】
2012年 09月 【10件】
2012年 02月 【1件】
2012年 01月 【3件】
2011年 08月 【3件】
2011年 05月 【4件】
2011年 03月 【1件】
2011年 02月 【1件】
2011年 01月 【3件】
2010年 12月 【2件】
2010年 11月 【2件】
2010年 10月 【1件】
2010年 09月 【1件】
2010年 08月 【2件】
2010年 07月 【2件】
2010年 06月 【1件】
2010年 05月 【6件】
2010年 03月 【1件】
2010年 02月 【1件】
2010年 01月 【4件】
2009年 12月 【6件】
2009年 11月 【7件】
2009年 10月 【4件】
2009年 08月 【4件】
2009年 07月 【10件】
2009年 06月 【2件】
2009年 05月 【2件】
2009年 04月 【3件】
2009年 03月 【1件】
2009年 02月 【1件】
2009年 01月 【5件】
2008年 12月 【5件】
2008年 11月 【4件】
2008年 10月 【1件】
2008年 08月 【1件】
2008年 07月 【1件】
2008年 06月 【1件】
2008年 03月 【2件】
2008年 02月 【8件】
2008年 01月 【8件】
2007年 12月 【2件】
2007年 11月 【4件】
2007年 10月 【2件】
2007年 09月 【3件】
2007年 08月 【5件】
2007年 07月 【3件】
2006年 06月 【1件】
2006年 03月 【1件】
2006年 02月 【2件】
2006年 01月 【12件】
2005年 12月 【3件】
2005年 11月 【4件】
2005年 10月 【1件】
2005年 09月 【11件】
2005年 08月 【8件】
2005年 07月 【7件】
2005年 06月 【10件】
2005年 05月 【12件】
2005年 04月 【15件】
2005年 03月 【18件】
2005年 02月 【8件】
2005年 01月 【19件】
2004年 12月 【21件】
2004年 11月 【9件】
2004年 10月 【22件】
2004年 09月 【38件】
2004年 08月 【21件】

カテゴリー

プロフィール

annmama

  • Author:annmama
  • 新潟在住、アラフォーで三人の子持ち。ステップファミリーだったり、元ライターだったり、出版社勤務経験あり?だったり、そんな普通じゃないような「あんまま(別)」の普通な毎日です。
    mixiでこの猫を探してください。
    メールはこちらから

最近のコメント

最近のトラックバック

RSSフィード

カレンダー

04 | 2021/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

リンク

ブログ内検索

Copyright © annmama / Designed by Paroday