FC2ブログ

おぼえておきたいこと わすれちゃいけないこと

 
16
 
我が家が宿に選んだのはサンパティック斑尾

温泉で露天風呂があり、直営スキー場を持ち、リフト券つきで
レンタルやら各種割引があり、しかもバイキングで食べ放題!
こんな好条件で安いなんて、企業努力かしらん?と思っていたが
じゃらんで厳しいクチコミがあったのを知り、あまり期待しなことに。
安易に条件のみ予約した後で知り後悔したが、更に、行く直前
何気にYahoo!天気情報でサンパティックの天気予報を見ていたら
そこにもユーザーレビューがあり…またもや酷評だった。_| ̄|○

宿へ着くと、西館で受付をするが、その入り口のドアが壊れてる。
3時前だったので、案内所で早めにチェックインができるか聞くが
リフト券の発行だけして、3時にチェックインですと告げられる
しばし、ゲームコーナーで時間をつぶし、再度案内所に行くと
「ここでなくてフロントです」とそっけなく言われた。
おねえさん、やる気なしね…_| ̄|○

あわてて本館のフロントに移動し、チェックインを済ませ
部屋へ。エレベーターや廊下はみずぼらしいが
部屋はいたって普通で、ちゃんとタオルも歯ブラシもあった。
でも全部じゃないらしい(他グループは持参してた)
ただ、浴衣がなく、いざのために、こどもとわたしの分の寝巻きは
持ってきたのだが「温泉は浴衣だろー」というだんなの分は
絶対あると持ってこなかったのだ。フロントに尋ねると

「レンタル500円になります」

えー!浴衣が500円!?やっぱり持ってくればよかった…_| ̄|○
気を取り直して、温泉へ。露天風呂もあるしね~温泉だしね~。
と、思いつつ、暗い地下二階へ行き浴槽へ。
さほど大きくないけれど、思ったほど老朽化はしていない。
浴槽の真ん中に岩があり、そこに湯ノ花がついている。
やっぱり正真正銘の温泉だー!と、湯につかる
興味本位で湯ノ花をさわってみる。堅い…なぜ?
岩からお湯が出る構造になっているのだが
冷静に考えると、お湯の出る口には湯ノ花が全くなく
岩のてっぺんだけに湯ノ花っぽいものがある。

変だよね…ってことは、この湯ノ花はニセモノ!?_| ̄|○

またまた気をとりなおして、今度は露天風呂へ。
露天風呂は、増築した様子で、内湯とは逆のつきあたり。
パンフレットにあった眺望を楽しみに中に入ると…
目の前には、雪の山。屋根から落ちた雪がそのままで
まったく眺望なんて見えやしない。_| ̄|○

まあ、夕飯はバイキングだから許してやろう。
そんな気分で、夕飯まで待った。

で、暇な我が家は6時きっかりに部屋を出てダイニングへ
バイキングです。いちおう…


端から順にで、こんなにご馳走だらけですー(笑)
いやいや、すっかりというかもともと期待してなかったけれど
期待以上に、給食っぽい料理でした。いや、給食の方が美味い。
しかも、マーボーナスは硬いし、シチューはすでに冷めてるし…
普通は、一杯やりながら、というところだけれど
飲兵衛なだんなも、すっかり給食モードで食べるだけ食べて
部屋で飲むしかなかったですわ。_| ̄|○

まあ、こうなったら、寝るしかないワーと
これまた安宿定番の布団の上げ下ろしはセルフで
笑っちゃうほどセンベイ布団で、枕は今どきありえない高枕で
ともかく、明日のスキーを楽しみに寝ることにしたのです。
テレビでバグズライフをやってたのでそれを見て11時頃就寝…

コトン

ドタンドタン


ワハハハ


隣の若者グループがうるさい。しかも壁が薄いので響く響く!
まあ、安宿だから壁が薄いのは我慢する。
しかし、隣のグループがドタドヤと歩くと
何故か、床がグワングワンと揺れる。。
このホテルの耐震構造はどうなってるんだ?と疑問に感じるほど。
それでも、若い子たちの待望のグループ旅行だったんだろうな
と、大目にみて我慢することにする。

12時をまわる…12時30分をまわる…1時をまわる…
まだ話をしている。これだけ隣にきこえるのがわからないのかも。
意を決して、フロントに電話してみることにする。
「すみません~。隣がうるさくて寝れないんですけど~」
フロントはきちんと対応してくれて、すぐに隣の部屋の電話がなった
(その電話の音が聞こえるほど壁が薄いってことさ)

やっと、隣が静かになった。といっても小声になっただけで
まだ起きているようで、時々コトンコトンと物音はする。
さっきに比べたら、我慢できる程度なのでさて寝よう…
そう思ったら、今度は外でバカどもが騒いでいる!
なにごと?と思えば、リフト乗り場のところだけライトがついていて
その下で、若いにーちゃんが雪合戦をしている!!!
こうなると若い子のパワーなんてもんじゃない。呆れる(" ̄д ̄)
さすがに寒いのか、長時間はやってなく、やがて静かになった。。

確かに、安い宿だから若者にとっては魅力だろうし
客層も8割は若者グループだったけど、ねえ。
今度からは客層も調べながら宿探しをしようと思った。_| ̄|○

こうして、酷評されている宿での夜でやっと眠りについたのでした。

つづく…

Comment






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://annmama.blog2.fc2.com/tb.php/239-1b6acfde
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

最近の記事

過去ログ +

2013年 10月 【1件】
2013年 08月 【1件】
2012年 09月 【10件】
2012年 02月 【1件】
2012年 01月 【3件】
2011年 08月 【3件】
2011年 05月 【4件】
2011年 03月 【1件】
2011年 02月 【1件】
2011年 01月 【3件】
2010年 12月 【2件】
2010年 11月 【2件】
2010年 10月 【1件】
2010年 09月 【1件】
2010年 08月 【2件】
2010年 07月 【2件】
2010年 06月 【1件】
2010年 05月 【6件】
2010年 03月 【1件】
2010年 02月 【1件】
2010年 01月 【4件】
2009年 12月 【6件】
2009年 11月 【7件】
2009年 10月 【4件】
2009年 08月 【4件】
2009年 07月 【10件】
2009年 06月 【2件】
2009年 05月 【2件】
2009年 04月 【3件】
2009年 03月 【1件】
2009年 02月 【1件】
2009年 01月 【5件】
2008年 12月 【5件】
2008年 11月 【4件】
2008年 10月 【1件】
2008年 08月 【1件】
2008年 07月 【1件】
2008年 06月 【1件】
2008年 03月 【2件】
2008年 02月 【8件】
2008年 01月 【8件】
2007年 12月 【2件】
2007年 11月 【4件】
2007年 10月 【2件】
2007年 09月 【3件】
2007年 08月 【5件】
2007年 07月 【3件】
2006年 06月 【1件】
2006年 03月 【1件】
2006年 02月 【2件】
2006年 01月 【12件】
2005年 12月 【3件】
2005年 11月 【4件】
2005年 10月 【1件】
2005年 09月 【11件】
2005年 08月 【8件】
2005年 07月 【7件】
2005年 06月 【10件】
2005年 05月 【12件】
2005年 04月 【15件】
2005年 03月 【18件】
2005年 02月 【8件】
2005年 01月 【19件】
2004年 12月 【21件】
2004年 11月 【9件】
2004年 10月 【22件】
2004年 09月 【38件】
2004年 08月 【21件】

カテゴリー

プロフィール

annmama

  • Author:annmama
  • 新潟在住、アラフォーで三人の子持ち。ステップファミリーだったり、元ライターだったり、出版社勤務経験あり?だったり、そんな普通じゃないような「あんまま(別)」の普通な毎日です。
    mixiでこの猫を探してください。
    メールはこちらから

最近のコメント

最近のトラックバック

RSSフィード

カレンダー

04 | 2021/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

リンク

ブログ内検索

Copyright © annmama / Designed by Paroday