FC2ブログ

おぼえておきたいこと わすれちゃいけないこと

 
--
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
17
 
今回、一泊目のお宿は片山津温泉加賀 八汐


2007年も確か片山津に一泊しました
お盆の時期に、宿泊先から花火が見れるのって
実は全国津々浦々探してもそうそうないもんです。
花火カレンダーによると16件
そのうち温泉地にあるのは、ごくごく限られてきます

片山津は加賀四湯(山代、山中、粟津、片山津)の中でも手ごろで
その中でもこの宿は割とリーズナブルな宿なのに
今回は部屋から花火が見れる部屋でした。(ついてます)

片山津 加賀八汐より

窓からは柴山潟が一望でき、噴水脇に花火が上がる計算です


推測ですが、廃業になったホテルをリニューアルして使ってるようで
部屋等は改装され快適でしたが、水周り関係は老朽化が否めません
なにより大浴場が独特の匂いがあり、ちょっと我慢なりませんでした。
まあ、値段なりだと思えば仕方ないのですが、折角の良い温泉がもったいない

片山津 加賀八汐の夕食

料理も微妙な感じで、固形燃料で温めたメイン料理が何か
楽しみに蓋をあけてみたら、あさりの酒蒸しだったりで
まあ、値段なりなんで仕方ないんですが・・・

夕食後、花火が上がる前にもうひとっぷろと
柴山潟が見える露天風呂に入っていると
はるか遠くに花火が見えます。今ネットで調べたら
北國花火2009佐々波大会のよう
そう思うと、知らないだけで地元でひっそりあがる花火
まだまだありそうですね。来年もうちょっと頑張って探してみます

片山津の花火
15分と短いですが片山津は毎晩花火があがります
小さいながらも近くで見る花火は音も振動も迫力あります
部屋から家族でまったりと花火観賞し
(写真は相変わらずデジカメ不調でボケボケです)
花火の時間帯に宿からサプライズでアイスのサービスもあり
まあ、これが宿の手一杯なんだろうな~と思う事にしました。

片山津 柴山潟の朝日
朝にはこんな朝焼けが拝め
片山津はいい立地だよな~と思う

片山津 加賀八汐の朝食
宿の朝食はこんな感じで微妙ですが
やっぱり値段なり、多くは望まないことに

宿を後にし、片山津のメインストリートを車で走ると
廃業したホテルや娯楽施設があちこちに。
夏の間は花火大会で賑やかでしょうが
他の季節を考えると、つらいものがあるのでしょう
その寂れ方がより一層、客足を遠のけているように
思えてなりませんでした。

お湯も立地も自然環境もいいのに残念でなりません

>>>つづく





スポンサーサイト
 
17
 
今年の盆休みは、久しぶりに2泊して遠出してきました。

金沢→片山津→長浜→琵琶湖→彦根→高山のルート

目的は「西日本に行く」

夫ももう歳なので、一日に運転できるのは5~6時間程度
渋滞をなるべく避けてのルートと無駄のないルートを考え予定をたてた

西日本ならとりあえず「琵琶湖を見てみたい」
それが、いつの間にか通り道なら「金沢にも寄る」
金沢に寄るんだったら片山津に泊まって「花火も見たい」
琵琶湖に行くなら彦根も近いし「ひこにゃんに会いに行く」
あと、両日とも「温泉にもつかりたい」
下呂温泉にも寄りたかったけど予算の都合上見送り
ひっそりと(もし、もし時間が余ったら、郡上八幡も)と
と希望はどんどん増えていく

地図で時間を見ながら予算と照らし合わせ
最終的にこのルートとなったのです




朝、8時半に出発、順調に北陸道を南下し
名立谷浜SAと有磯海SAで休憩。実に順調
と、思ったら富山ICあたりで事故、渋滞7キロの情報が。
ちょうど時間はお昼頃、立山ICで一旦降り、富山あたりで昼食にし
渋滞を回避してまた高速に乗ることにする。

富山のグルメ情報は全くなかったので
慌てて携帯で検索したが、富山といえば「富山ブラック」なる
黒いラーメンが有名で、しかも通り道に大喜根塚店がある。
店の前を通ると、案の定行列ができていて人気がうかがえる
が、しかし、「しょっぺーラーメンは~~」という家族の意見で
氷見きときと寿司にする。
きときと寿司富山丸太郎店

駐車場には県外ナンバーも多数。入口にも人が並んでおり
名前を書いた時点で、混雑は重々承知の上だ。
が、しかし回転寿司の割には客の回転が遅く
おまけに回転寿司でありながら660円なんて皿まである!
1~2分、家族会議をひらいたうえ、却下。諦めることに。

高速に再び乗る事を視野に入れ、富山の町中を走り
昭和食堂 婦中店
昭和食堂 婦中店なる店に入る。
なんだかなおじあごすけをたして割ったような店
それでも充分しょっぺかったから、富山人の味覚はしょっぱめ傾向なのか?

再び富山西から高速に乗りなおし、金沢東ICで降りる。
実はその手前3キロほどのところに金沢森本ICがあるので
高速1000円がなければ、そちらで降りた方がよさそうです。
ナビを頼りに城下町を右往左往に迷いながら兼六園周辺へ
ちなみに兼六園には有料駐車場に停めて歩くしかありません。

金沢兼六園無料開放
入口まで来て気づくと、今日は兼六園無料開放の日らしい
事前に下調べをしていたが、兼六園のサイトには一切情報がなかった
8月14日(水)・15日(木)・16日(金)が無料開放らしい


有名な徽軫灯籠(ことじとうろう)前も行列で
赤の他人も当然のごとく記念写真におさまってしまうw
徽軫灯籠(ことじとうろう)

そこから先はどこを写してもカメラマンのごとく絵になる
兼六園
兼六園2

ここでの目的は、庭園見学以外にもあり
茶席で抹茶を頂くこと。兼六園内には何箇所か
御抹茶を頂けるお店はありますが、時雨亭が一番おすすめです

兼六園 時雨亭
時雨亭の生菓子
時雨亭のお抹茶

受付でお茶券を購入すると、広間の毛氈に案内され
略式でマナーを気にすることなく、抹茶が出されます
700円で生菓子と御抹茶を頂けるうえ
御抹茶を頂いた後に寛げる広縁からの景色が最高。

時雨亭の広縁より庭園を眺める

唯一兼六園の中で、庭から滝が眺められるのはここらしいけれど
デジカメの調子が悪くて全てピンボケ。写真がないです。

広縁にはみっちり20人ほど腰掛けることができますが
外人さんをはじめ、若い人から、それぞれ満足するまで長居してます
ほんとう、庭園内を歩き通しだったので、やっとゆっくり一息
庭園の風や匂いを感じたりすることができました。
時雨亭を後にする

満足して時雨亭を後にすると、すでに生菓子つきの茶席券は売り切れ
ギリギリだったのですね。運がよかったです。

金沢兼六園[根上松](ねあがりまつ)
その後も[根上松](ねあがりまつ)など庭園を一周し、兼六園は終了
金沢の街なかを散策することなく、宿へと向かう事になります

>>>つづく





 
04
 
テレビでドレミファドンをやっていたせいか
急に昔の音楽に覚醒したか?YouTubeを彷徨った
そこでたまたま80年代ディスコミュージックに出会い
あれよあれよと芋づる式に聞きまくる。青春時代が蘇るぜ(笑


Kofi & The Love Tones - COUNTDOWN


Lorraine Mckane - Let The Night Take The Blame


ALEPH - FIRE ON THE MOON


Alpha Town - Hot Stuff


Boney M. - Happy Song Extended


COO COO - UPSIDE DOWN


Dee D. Jackson - S.O.S


Divine - I'm So Beautiful


Evelyn Thomas - High Energy


F.C.F.-BAD DESIRE



Jackie Rawe - I Believe In Dreams



Miquel Brown - So Many Men So Little Time


Hot Gossip - Break Me into Little Pieces

おどろくのは、80年代のPVが今、こうやって見れることだ

それが当たり前の時代だという事はわかっていたが
こうも簡単にサクサクと欲しい曲が見つかって
当時、FMの洋楽系番組をエアチェックしたり
ディスコのDJブースのジャケットで覚えたり
スタッフや友達に聞いたりして判明した曲が
しかもマイナーで普通のレコード店には売ってなかったりで
ましてやレンタルなんてしてなくて
ほしくても手に入らなかった曲が
それがこんなに簡単に見つかる事に

ちょっとカルチャーショックな一昔前のおねえさんでした。
 
01
 
どんな仕事場でもボスが変われば方針がぐっと変わる時がある
それが今までの惰性や弱点を改善するものだったらいいのだけれど
明らかに後退している時もある。意味のない内容。

ずっと悶もんとしていたのだけれど
先日、チームのスタッフと話す機会があって
これとなく話してみた。

「そういう仕様だと思いこめばいいんですよ」

と、いうことは彼も、それがあまり意味のないものだと
感じていた訳だ。なんでボスに言わないんだろう?
この業種は割と特殊で、ボスのカラーは全面に出される
かなりダメだしも方向転換も練り直しもさせられる
ボスがNOといえば、NO!次に進めない。

でも、ボスだって完璧な人間じゃないよね?

それぞれ生きてきての知恵や経験もあるし
やりたいこと、考えてることってあるよね?
なんで言わないんだろう。言えないんだろう。

他チームからもこのチームの無駄なところ
改善点を何故か私に助言いただくこともあって
やんわりとチャンスがあれば伝えてるけれど
一向に改善しようとする意思がないよね。

なんだろ?丸くおさまってる。

そりゃ、ひとつのチームで仕事をする上で
まとまることも必要だし、同じ方向性も必要だけど
それだけじゃ、ある意味暴走する危険もはらんでるよね。

新しくチームになったボスは
最近、この「丸くおさまってる」ことを良い方に考え
ますます独断性を持ち始めている。
それに追随するようにスタッフが従ってる。
確かに、一丸となって楽しくするのはいいと思う
でも、それぞれのカラーが似通ってきていて
なんだか不気味ささえ感じる

わたしはこのチームで何の重要性もないけれど
こういう仕事をしている限り「中庸」って大切だと思ってる
読者目線、掲載される側の目線、クライアントの目線

これでいいのか?
この雑誌に載るのがメリットになるのか?
ステータスになるのか?

高飛車で上から目線ではいけないと思うけど
なんか、このままいくと暴走し、やがては・・・

いいのか?これで?

そう思うからこそ、無駄とは思うが助言する

最近の記事

過去ログ +

2013年 10月 【1件】
2013年 08月 【1件】
2012年 09月 【10件】
2012年 02月 【1件】
2012年 01月 【3件】
2011年 08月 【3件】
2011年 05月 【4件】
2011年 03月 【1件】
2011年 02月 【1件】
2011年 01月 【3件】
2010年 12月 【2件】
2010年 11月 【2件】
2010年 10月 【1件】
2010年 09月 【1件】
2010年 08月 【2件】
2010年 07月 【2件】
2010年 06月 【1件】
2010年 05月 【6件】
2010年 03月 【1件】
2010年 02月 【1件】
2010年 01月 【4件】
2009年 12月 【6件】
2009年 11月 【7件】
2009年 10月 【4件】
2009年 08月 【4件】
2009年 07月 【10件】
2009年 06月 【2件】
2009年 05月 【2件】
2009年 04月 【3件】
2009年 03月 【1件】
2009年 02月 【1件】
2009年 01月 【5件】
2008年 12月 【5件】
2008年 11月 【4件】
2008年 10月 【1件】
2008年 08月 【1件】
2008年 07月 【1件】
2008年 06月 【1件】
2008年 03月 【2件】
2008年 02月 【8件】
2008年 01月 【8件】
2007年 12月 【2件】
2007年 11月 【4件】
2007年 10月 【2件】
2007年 09月 【3件】
2007年 08月 【5件】
2007年 07月 【3件】
2006年 06月 【1件】
2006年 03月 【1件】
2006年 02月 【2件】
2006年 01月 【12件】
2005年 12月 【3件】
2005年 11月 【4件】
2005年 10月 【1件】
2005年 09月 【11件】
2005年 08月 【8件】
2005年 07月 【7件】
2005年 06月 【10件】
2005年 05月 【12件】
2005年 04月 【15件】
2005年 03月 【18件】
2005年 02月 【8件】
2005年 01月 【19件】
2004年 12月 【21件】
2004年 11月 【9件】
2004年 10月 【22件】
2004年 09月 【38件】
2004年 08月 【21件】

カテゴリー

プロフィール

annmama

  • Author:annmama
  • 新潟在住、アラフォーで三人の子持ち。ステップファミリーだったり、元ライターだったり、出版社勤務経験あり?だったり、そんな普通じゃないような「あんまま(別)」の普通な毎日です。
    mixiでこの猫を探してください。
    メールはこちらから

最近のコメント

最近のトラックバック

RSSフィード

カレンダー

07 | 2009/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

リンク

ブログ内検索

Copyright © annmama / Designed by Paroday
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。