FC2ブログ

おぼえておきたいこと わすれちゃいけないこと

 
--
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
26
 
梅雨明け前ですが、蒸し暑い今日この頃
突然、息子たちの部屋のエアコンが壊れました。

室外機が全く動いてない状態で、これは死んだな・・・と

さすがに来週から次男も高校の夏休みに入るため
それまでにはなんとか新しいのを取り付けたいなと
新聞の折り込み広告を抜き出し、あれこれ検討する

エコポイント。

確かに魅力だ。その機種によってポイントは違うが
買い替えの時にはさらに3000円ポイントつくらしい
電卓片手に息子たちの部屋に見合った性能のものを
あれこれピックアップし、エコポイントやら年間電気代やらを
考慮に入れつつ、どれにしようか計算してみたら


エコポイントがつかない方がお得だ

ということが、判明した。
たしかにエコには反するか。
★三つだとエコじゃなくて★四つだとエコ?

地球にやさしいか、家計にやさしいか

なんとなくエコポイントがつくというだけでお得感があって
主流はエコポイントがつく商品が売れ筋なんでしょうけど
その分、エコポイントからあぶれた商品の値引き率が高い

結局、店に行き、店員とも相談してみて
★三つのエコポイントがつかない
本日の特価品を購入することになる。

本日の特価品のためお店のポイントすらつかなかったが
お得感は満点だ。エコは他で貢献することにするとしよう。

ちなみに、エアコン、コンセントが二種類あるので
確認してから来店した方がいいようです。
あと、今、取り付け設置代込みになっているけど
その店によって標準取り付けの基準が微妙に違うみたいだし
工事までの期間もかなり違うみたいなので
お値段だけじゃなく、設置関係の情報もお店に確認してからの
購入をおすすめします。

現在、設置業者に入られてもいいように
汚部屋からゴミを大量に運び出し
息子たちは季節はずれの大掃除中ですw



スポンサーサイト
 
23
 
先日、家族で旅行に行った時のこと
娘とふたりきりの時にぼんやりと彼女は言った
「まだはっきりじゃないけど、結婚は来年の4月ぐらいにしようかなと思うんだけど」

娘はすでに彼氏と同棲している。
もう適齢期だし、いつ結婚しても支障はないんだけれど
勝手にまだ先でいいわ、と思っていた。

去年の年末に彼氏も我が家に挨拶にきて
お正月も顔をだしたりする公認の仲だ。
彼氏は今、資格取得に頑張っていて
その試験が秋にあって、話はそれからだと思ってた。

結婚式から逆算すると、だいたい半年はほしいところ
そうなると、秋口に両親の顔見せをして
結納をして(今ではしないところも多いらしいが)
となると、結婚式は4月でも大丈夫な計算だ。

ところが、前々からだんなの実家から
「結婚式は稲刈り後にお願いね」と言われている
まあ、半分冗談交じりだと思いたいが
4月5月といえば、農家にとって忙しい時期
別にだんなが農家をしている訳じゃないけれど

「もうちょっと先がいいんじゃない?」
と彼女に言ったのです。

しばらく経って、これがよくよく考えての事で
意を決して伝えてくれたなら
もっとちゃんと答えてあげるべきだったのかなとか。
自分の中でもまだまだ先のことで
来年、追々と親としての手順や作法を勉強しなきゃな
と思っていたところなんだけれど
そろそろ、いつ話が出てもいいように
勉強しとくべきなのかな・・・と思い始めている。

親らしいこと、なにもしてやれないのにね。。
なんにも準備してなくてごめんね。。

まだまだ自分のこどもでいてほしい
それがきっと本音です
 
19
 
三年に一度の芸術祭がやってきた
あんなに楽しみに待っていたのに
諸事情で今年は行かない事に決定した

無難に行ける時だけ行くという方法もあるけれど
行けばできるかぎり見たくなるのが人の常
スッパリと「行かない」事に決めたのだ。

同じ時期に地元でも別の芸術祭が始まる
やれ税金の無駄遣いだの
やれどこぞのパクリだの
もりあがりに欠ける始まりになったけれど

こちらは、行こうと思えば行けるが
どうしても見に行く気持ちにはならずにいる。

やると決まったからにはもりあげよう
そんな意見もあるけれど
これが成功した時の意味と失敗になった時の意味は
明らかに違う

やるからには意味があるのだろうし
そこに携わる人は何らかの成功を実感したいと思うし
成功にしろ失敗にしろ、やったことによっての意味もあると思う

でも、どうしても「あっち」と「こっち」じゃ
感覚的に違う。どうしてもどうしても違和感がある。

相乗効果って確かにあるんだろう
見れば、それなりに感動するんだろう

あっちで芸術祭をやってこっちでやれない訳がない
そんな風に始まったかは定かじゃないが
あっちとこっちじゃ、全然違う。違うのだ。





温度、湿度、空、風、すべての空気感
ナビを頼りに田舎道を走りやっとたどり着いた地にある作品と
すぐ脇に生活圏があり、まるでよそゆきのような顔ですましてる作品と
偏見かもしれないけれど、あっちの感動はこっちとは同じの訳がない。
同じにする必要もない。

内に人もお金も動いているのもわかるが
外に対して人やお金を動かすには
そこに<必然>がなきゃならないと思うのです。

こっちには、何の必然性も感じられない。
あっちの試行錯誤と、こっちの試行錯誤は違う。

だから、成功してほしくないのです
だから、行きたくないのです

これが、芸術祭というスタンスをはずれ
必然性を求めて、長期的な恒久作品によって
この地域の質を変えていくならいずれ必然性も
生まれてくるかもしれないけれどね。


そのお金があるならば
もっと別のことができたはずだよね

作品は見たい。でも行かないだろうな。







では、長い長いぼやきでした



 
18
 
今週発売の某誌を買うと
特集冒頭に、メンバー全員の写真があります
(わたしは社員じゃないからいないけど)

今の編集長は、一見とっても若づくり?ですw
声を発すると、ガナリ声でとっても怖いですw
某Oさん(♀)がお気に入りでえこひいきしますw
わたしとは全くからみませんw

と、いうわけで最初は苦手意識がありました

でもこの前の飲み会で見方が大幅に変わりました
本人の言動というよりも、周囲の言動から。

とってもメンバーに信頼されているんです

バカみたいなことは率先してやります
駄目な時はとことんダメだしします
最後は全責任を負ってくれます
いいボスじゃない!

だから、みんな好きなように仕事ができる

わたしとしては、ここ暫くの激動から
どこまで行くんだろう?行き過ぎるんじゃないか?
と危惧しておりましたが、メンバーの本音をたどると
そんな危惧は不必要なのだとわかりました

みんなそれぞれ考えてて、みんな大人です
それをまとめてひとつになるのがチームです
そのチームをどう方向づけるかがボスです
チームありきのボスありき。

おもしろいものを作ろうという意識は
このチームに参加してからMAXなような気がしてきました。
いえ、これからもよりMAXを目指すでしょう

わたしも微力ながら、引き続きお手伝いさせていただきます


ほんと、みんないい顔で写ってるよ!
 
14
 
もうすぐ7月の連休。
おでかけするつもりなのですが
いつも泊まりがけの旅行の前には
ドライブのおともの音楽をセレクトしておきます。

そこでふと
気がついたのです


今、聴きたいと思える音楽がない・・・


昔は音楽なしの生活なんて考えられませんでした
今でも、音楽は好きだし、生活には欠かせないし
車に乗ればFMを聴き、
そうでなければMP3で音楽は聴いていますが
最新の音楽を追いかけるパワーが出てこないのです

まだ若かった頃
うちの親世代が流行の歌についてこれないのを
「信じられない!音楽が好きじゃないのかしら!」と思ったり
少し大人になり、同年代やそれより上の人が
「流行の歌に興味がなくなったのよね」と聞くたびに
もったいないな、と思っていたのにですよ。

それが、気づくと
何かのとっかかりがなくなり
するんと抜け落ちるかのように
な~んにも興味がなくなってしまったのです。不思議です。

少し前から、異性に対してのトキメキも感じられなくなってしまって
これじゃいかんのーと思ってはいましたが
だからといって、ときめく人を探せというのも難しく
巷で旬な人たちが息子たちと同年代になってきたのもありますが・・・
これもまた、感覚的にはするんと抜け落ちてしまった感じに
「イケメン」だなと思っても、トキメかないのです。

悪あがきじゃないですが
「死ぬまで女でいたい」とか
「死ぬまで恋心を忘れないでいたい」とか
「死ぬまで好きなものに興味を持っていたい」とか
「死ぬまでコレと一緒」とか

なにか、そういう強い意志がないと
必要にないものはするすると抜け落ちる時期なのかもしれません

またいつか、ときめきやパワーが
もどってくる時期が来るのでしょうか
それともなくなったまま寂しい老後を送るのでしょうか。

だとしたら、老後を送る前に
もういちど、なにかしらのとっかかりを見つけたいです。

手がかりというか
するすると抜け落ちる穴から
とどまっているための手をかける場所みたいな。

おちるのは苦じゃないんですけどね


するんといく前に
気をつけた方がいいですよー。

 
11
 
一晩過ぎて
ほわんほわんと
昨日のメンバーの言葉が過る瞬間があって

みんな若いってこともあるんだけど
ともかく考え方が前向き。
それぞれ嫌なことも思い通りにならないこともあるでしょうに
ずっと笑いっぱなしだった。

うちらの世代があつまれば
ついつい出てしまう愚痴や
あきらめムードとは違い

いい意味で切り替えて楽しんでいるのがすごい

あ~なんか
忘れていた感覚だな。

仕事もめいっぱいなはずなのに
遊びにも恋愛にもめいっぱい

なかなか話が合わなかったのは
年代が違うからじゃない
いかに楽しい酒が飲めるかだよな。

この歳になっても教わることは多い
帰ってきてから、あの人とはこんな話がしたかったとか
あの時あの話をしとけばよかったとか
気づくことがあるけれど

後悔先に立たず
もっと前向きに考えよう。そうしよう。

若くないからは禁句で(笑
楽しんでいこう。そうしよう。



 
10
 
今日は会社の暑気払い

車で行ったため飲みはなし
(いつものこと)

普段、接点がほとんどない人にも
話ができるチャンスなんだけど
こういう時に、何でも話せる人っていいな、と思います

社員はボーナスがでたこともあり
ボスの誕生日のサプライズもあり
みなさんハイテンションで
なんとなく一緒にいて笑ってるだけで幸せで
耳に入る話題に、「ほぉ~」となったり
「へぇ~」と思ったりするばかりで
それでも行って良かったと思える集いでしたよ。

これだけ多種多様の人がいて
ひとつのものを作り上げてるパワーってすごい!
と勝手に感慨深くなっちゃって
そのはしっこにいれるだけで幸せだなと。

最近、思うところあったけど
もう少し、もう少し頑張ろうと思える集いでしたよ。
 
04
 
夏の化粧品のことです。

汗かきのうえに
更年期障害があり
どうしても化粧崩れが醜い

年齢とともにハリもなくなり
毛穴も流れてきたこともあり
崩れだすと、もう化粧なんてもんじゃないと思う

しかも、うちの会社はオシャレな人が多い
若い子なんか、化粧崩れなしでぴっちぴち!
その違いに自分が一層老けこんだように思える。

いや、編集部は不規則な生活も多いし
取材やらで暴飲暴食だと思うのに…
きっと努力してるんだろうなと思う




ちょっと時間がありドラッグストアで
化粧品を眺めていたら、いつのまにかBAさんにつかまった

「なにかお悩みなことありますか~?」

これこれこうで、化粧崩れが酷いと言ったら

「この収れん化粧水を冷たくして朝パッティングしてあげると
化粧崩れを防げますよ~」と高価なアストリンゼントを差し出した

あ~、収れん化粧水ね。。最近使ってないわね。。

「この下地とファンデーションの組み合わせも崩れないって評判ですよ~」

なるほどね、収れん化粧水でひきしめってありだわね。。

「汗に強いなら、このウォータープルーフも落ちにくいですよ」

収れんならほかに安いのがありそうだわね。。






もう、頭の中は収れん化粧水でいっぱいだった

アドバイスに感謝し、棚をぐるりと見てる風で
その場を立ち去り、安いコスメの棚へ移動(笑
ハマメリエキス配合の収れん化粧水を購入。


家に帰り、使ってみるが、思ったほどではなかったので
もっと効果のある収れんはあるか?とネットで検索。

どうやら、最近「収れん化粧水」を見かけないのは
収れんに入っているアルコールが肌に悪いらしくオススメでないようだ。
かわりに検索で出てきたのが氷水で肌を冷やす方法。

うーん、どうなんだろ?

化粧が崩れるのは汗とともに皮脂が流れること。
皮脂が余計に出ないためには皮脂を取りすぎてはいけないらしい

でも収れん化粧水、買っちゃったしな。。
毛穴には効果があるようなので
しばらく使ってみることにします

化粧品自体の進化も目をみはりますが
使い方も時代とともに変化してるんですよね。
 
01
 
いつからか
いやつい最近のことなんですが
先々、仕事を辞めようと思ってます。

今の仕事が嫌な訳でもなく
充分やりがいもあり
必要ともされていますが

年齢による衰えというのは
どうしても否めないですよね
アルツ入ってるんじゃないかと思うほど
凡ミスをして自分で慌てる時があります。

これ以上完璧になれない
それよりか、退化するばかりだ
そんな先が見えてきたのです

手に職がある訳でもなく
飛びぬけた才能がある訳でもなく
熟練した技術がある訳でもなく
ただ目の前の仕事をキッカリこなすだけの人にとって

キッカリができなくなった時点で
色々悪あがきしなきゃならなくなるような気がします

まだやれてます
それでもフォローできる範囲で
ミスやモレに気づくことがあるだけなので
この先を考えると・・・
と、戦々恐々しています

逆に考えれば、今まで気付かなかった部分がわかるほど
熟知してきた部分もあるのかもしれませんし
指示が出る前にやるべきことは把握して
気をまわすこともできるようになったのですが
気をまわしすぎて無駄な苦労におわったり
つい勝手に考えて裏目にでたり
という危険性もはらんでいるのを感じたのです。

目標は2年半後。
次男が高校を卒業すれば
いくらか楽になるはずです

それまでにやるべきこと
やっておきたいこと
を考えていかなきゃなと思ってます。

と、いいつつ2年半後には
まだまだやりたいな~という自分がいるかもしれません

人は不思議なもので期限を決めると
それが惜しくなったり
何でも乗り越えられたり
するもんなんですよね。

2年半後
カウントダウンは始まってます







 
01
 
梅雨時ですね。

雨が降ると、次男はバスで高校へ通学しますが
入学してから今まで、ことごとく


バスで行った日の帰りは降ってない


というパターンに陥ってます
明日はどうなるやら・・・


子は子で
親は親で
天気予報を確認しつつ
毎日悶悶としています

たまにヤマが外れて
朝起きた時は降ってないのに
登校時間になって降り始めたなんて感じで
バスに乗り損ねた時は
わたしが学校まで送ってあげます

過保護といわれようが
素直に車に乗り込む姿が
ちょっぴり嬉しかったりするのよ。

最近の記事

過去ログ +

2013年 10月 【1件】
2013年 08月 【1件】
2012年 09月 【10件】
2012年 02月 【1件】
2012年 01月 【3件】
2011年 08月 【3件】
2011年 05月 【4件】
2011年 03月 【1件】
2011年 02月 【1件】
2011年 01月 【3件】
2010年 12月 【2件】
2010年 11月 【2件】
2010年 10月 【1件】
2010年 09月 【1件】
2010年 08月 【2件】
2010年 07月 【2件】
2010年 06月 【1件】
2010年 05月 【6件】
2010年 03月 【1件】
2010年 02月 【1件】
2010年 01月 【4件】
2009年 12月 【6件】
2009年 11月 【7件】
2009年 10月 【4件】
2009年 08月 【4件】
2009年 07月 【10件】
2009年 06月 【2件】
2009年 05月 【2件】
2009年 04月 【3件】
2009年 03月 【1件】
2009年 02月 【1件】
2009年 01月 【5件】
2008年 12月 【5件】
2008年 11月 【4件】
2008年 10月 【1件】
2008年 08月 【1件】
2008年 07月 【1件】
2008年 06月 【1件】
2008年 03月 【2件】
2008年 02月 【8件】
2008年 01月 【8件】
2007年 12月 【2件】
2007年 11月 【4件】
2007年 10月 【2件】
2007年 09月 【3件】
2007年 08月 【5件】
2007年 07月 【3件】
2006年 06月 【1件】
2006年 03月 【1件】
2006年 02月 【2件】
2006年 01月 【12件】
2005年 12月 【3件】
2005年 11月 【4件】
2005年 10月 【1件】
2005年 09月 【11件】
2005年 08月 【8件】
2005年 07月 【7件】
2005年 06月 【10件】
2005年 05月 【12件】
2005年 04月 【15件】
2005年 03月 【18件】
2005年 02月 【8件】
2005年 01月 【19件】
2004年 12月 【21件】
2004年 11月 【9件】
2004年 10月 【22件】
2004年 09月 【38件】
2004年 08月 【21件】

カテゴリー

プロフィール

annmama

  • Author:annmama
  • 新潟在住、アラフォーで三人の子持ち。ステップファミリーだったり、元ライターだったり、出版社勤務経験あり?だったり、そんな普通じゃないような「あんまま(別)」の普通な毎日です。
    mixiでこの猫を探してください。
    メールはこちらから

最近のコメント

最近のトラックバック

RSSフィード

カレンダー

06 | 2009/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

リンク

ブログ内検索

Copyright © annmama / Designed by Paroday
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。