FC2ブログ

おぼえておきたいこと わすれちゃいけないこと

 
--
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
24
 
今日、ラジオを聴いていたら「サドガシマン」なるものが
あると聞き、何故か頭にこびりつき調べてみた。

最近、ネットもゆるゆるだし
情報にうとくなっているのかもしれないと
検索してみたらワラワラと出てきた!
県外の人の方が情報早かったりで
タイムラグを感じてしまい
情報が離島化しているかも…


サドガシマンとは、
新潟の土産物問屋タカチホ製作の
佐渡に現れた噂のヒーローらしい。
正しくは「離島戦隊サドガシマン」といい
新潟日報でも紹介されてたのね。
タカチホでは残念ながら紹介してないけれど、
サドガシマンを応援するサイトまであるのね
離島戦隊 サドガシマン(勝手に応援中!)

トキレッドとザクザクゴールドとシマナガシーブルー

このセンスに笑うしかなかった。
目指せ!全国制覇!(笑)
スポンサーサイト
 
22
 
去年の夏頃も【怖い話】(←重くてすみません)をしたけれど… 

昨日の夕方、空き地の次隣の家から怒鳴り声が聞こえてきた。
隣の家は、一昔前に別の家族が住んでいて
その家の奥さんが若くして亡くなり、その後家族分裂で家を手放し
現在新しい家族が住んでいる話を、去年もしたのですが…

新しい家のだんなさん、ミスチルの桜井さん似の温和な人
新しい家のおくさん、山田花子を数倍綺麗にしたような温和な人
そんな温和な夫婦には似つかわしくない声が
聞こうとしなくても聞こえてくるんですわ。

夫婦の事だから夫婦喧嘩のひとつやふたつするでしょうが
その怒鳴り声が、前に住んでいた離散家族そっくりで…
まるで何か乗り移ったような変貌ぶりに、当時の夫婦喧嘩が
だぶってしまい、その偶然に背筋がゾクリ。

そんな時、次男が洗面所でコップが勝手に倒れただわ
わたしが妙に具合悪かったりだわ
娘がソレ関係の話を持ってくるわだわ
あまりにも偶然が重なって、またしても背筋がゾクリ。

実は、明らかに「変な気」の流れはしていたので
玄関に塩を盛ったり、水場に花を絶やさなかったりしたのだけれど
ニ三日前に洗面所だけ妙に花の水が濁ってたのよね。
こんなことで引越しするのも無理な話で
ささやかながら風水の真似事をして抵抗している。

書き方がちっとも怖くはないですが
実は怖いかもしれない話です。。


 
20
 
昨日、だんなはいつもより早く帰ってきた
アブに刺されたそうで、右手が別人の腕のように
ぱんぱんに腫れあがっていた。

急いで蛍の光が響く閉店間近の薬局へ駆け込み
腫れに効きそうな虫刺され薬と
どこでもベープと虫除けスプレーを買って帰った。

だんなは健康だけがとりえのような人で
まさか自分がアブに刺されるなんて思いもしなかったらしい。
片道一時間かけての現場、ヒルはいるわ、キツネに会うわの
とんでもない山奥なのに今まで平気だった方が不思議だ。

あんなに腫れあがったのは、きっと疲れてるせいだと思う…

自民党がマニフェストで、また公共事業削減をうたってる
と思ったら民主党は半減だそうだ。
郵政民営化しかり、公務員人件費しかり、
国民にわかりやすいからなのかもしれないが
確かに、本当の無駄遣いもあるから仕方ないのだろうけれど
現実問題、その公共事業削減の末端は悲惨だ。

無駄な箇所が削減されるなら構わないが
全体的に予算が削られてくる
少ない予算の中での仕事なので当然人手が足りない
少ない人員での仕事なので当然残業が増える
残業が増えても赤字を出せないので残業を計上できない

今の時勢、残業代が出ないだけでピーピー言わないが
片道一時間の道のり、遅くまでの残業
ある日は仕事を終えて帰ってきたのが3時ごろだった
そこまできたら、向こうで泊まれば往復2時間は浮くし
疲労も少ないかと思うのだけれど
お家大好き亭主なので、無理をしてでも帰ってきて
風呂入って、朝食を食べて、弁当を持ってまた出かける。

若い時の残業は、いくらか無理はできるだろうし
その先に大きな成果があるならやる気も出るだろう
ただ赤字を上げないためだけの、タダ働き
どいつもこいつも公共事業削減ばかりで
この業界、この先明るい話なんぞ望めない

冗談で、中越の方は震災復興景気があるそうだから
そっちへ行くか?みたいな話が普通に出たり
そっちはそっちで業者が雨後のたけのこ状態で
泊まるところすらないで車中泊だったなんて話も聞く

流石に、老体に鞭打ち、睡眠時間数時間でヤツレタ顔で
仕事に行くだんなを見送るたびに「過労死」なんて言葉が
頭を過ぎり、いや、このままいくと死にはしなくても
確実に壊れそうな勢いで、可哀想で見ていられない…

わたしだったら速攻辞めそうな雰囲気だけれど
男の人って、偉いね。なんであんなに頑張れるんだろう?
希望も明るい未来もなく、ただただ家族を養うためだけ
とはわかっているので、申し訳なくて頭があがらない。

昨日の夜は腕に熱を持っていたので冷えピタで冷し
今日も腫れた手のまま早々と仕事に行った。
必ず医者に行くよう念を押したけれど
忙しさにかまけて自分のことは後回しにする人だし
もともと丈夫で医者ぎらいなので医者に診てもらったか心配。

もし、だんなに何かあったら
小泉のせいにしそうな勢いだ。
公共事業削減の末端で
アブに刺されながらも頑張ってる人もいます。

どうか景気が回復しますよう
人々が暮らしやすい日々が来ますよう
願うばかりです…
 
19
 
2000円で満足です


昨日は近しい友人たちと飲み
ちなみに平日2000円で飲み放題つき

近況を報告しあったり、こどもの話で盛り上がったり
肝心の楽しい企画はそっちのけで
友人のダイエット成功を、ご馳走で祝ったり。w

最近、無理をしなくなった
分相応というか…
むやみに頑張ろうとは思わない
確かに努力すれば道は開けるし
向上心を忘れたらいけないのかもしれないけれど
今で満足してるからなのかしら。

自分のできる範囲
立ち位置
背伸びをしたら足がつる
全力疾走したら息がきれる
歳のせいかしら。

幹事は好きだけど
段取りはするけれど
面倒なこと引き受けますんで
やっぱり第一声はお願いします<某さま

(ここで言うことじゃないわねー。ごめん)


 
17
 
田沢湖高原で爽やかな朝を迎えた我が家は
渋滞を予測し、早めに宿を出る。天気はあいにくの雨。。

ここまで来たら、まずは田沢湖
一周約20kmで、道も整備されているのでとりあえず車で一周。
たつこ

雨で濡れるたつこ、永遠の若さと美貌を願い湖神となったらしいけど
なんとも悲しげな表情だった。わたしは歳相応に老けたいなあ。。
そりゃ、悪あがきもするけどね(笑)

次に訪れたのが、小岩井農場。9時開園ですでにかなりの人数!
入場料500円を払い中に入ると、岩手山をバックに牧歌的な景色
と体験型アトラクションの数々、しかも全部別料金…(汗)
工場見学もバスに乗って、当然別料金…(やめた)
天気が良ければ芝生でのんびりもいいけれど
とりあえず、小雨降る中次男を馬に乗せ(当然別料金


馬にのりビビる次男


売店でお土産を購入し、牛乳を飲んで、終わり。
園を出た頃にはすでにメイン駐車場は満杯で他にまわされていて
恐るべし!盆休み!と思いつつ、車を走らせる。

高速に乗った時点で「渋滞・渋滞・渋滞」の文字だらけで
とりあえず行けるところまで行ってみる。
三本木PA付近で渋滞20kmと書いてあり、あれこれ悩んでいたら
若柳金成IC手前で「この先渋滞」の文字があり
慌てて高速を降りることにする。すると、同じ考えの人が多く
国道4号線も大渋滞!もう、どれだけ多くの人が移動してるのか!?
ナビを頼りに抜け道を探し、渋滞中の高速をまたぎ
高速渋滞中


古川あたりで昼食を済ませ、大和ICで再び高速に乗ると
またしても「渋滞・渋滞・渋滞」の文字。しかも、距離が増えてる!
手前から白石で19km、福島西で20km、さっき20km渋滞で回避した
三本木は39kmまで増えていた。(降りて正解だったかも)
再びどうしようと悩んでいたら、すでに仙台宮城ICで
「IC3キロ先より渋滞」と書いてある。再び降りる(苦笑)

冷静に考えると、下道で帰るとすると10時をまわる雰囲気だし
かといって合計40キロ以上の渋滞は、運転手が嫌なそうだ。
急遽、山形道を使うことにして、宮城川崎ICに向かうことに…

山形道に乗ってからは嘘のように順調で
アップダウンありトンネルありの道だけど
高速はこうでなくちゃ!

あっという間に終点月山まで着く。そこから暫し一般道で
再び湯殿山から鶴岡まで乗って時間を稼ぐ。
ここから先は国道7号線で県境越えれば新潟だ!!
しか~し、肝心の7号線が事故で渋滞…_| ̄|○
抜け道はなく、イライラしながら渋滞を過ごす。

そうこうしているうちに、みるみる時間は過ぎ
県境手前で夕日に遭遇する。
日本海に沈む夕日


夕日を横目に黙々と車を走らせ、新潟県に入ってからが長かった。
笹川流れは日帰りコースだけれど、これだけ長時間走ってると
なんて新潟は細長いんだろうと思い知らされる。。
刻々と暗くなっていき、不安になった子供たちの
「まだ~?」の声が、だんなを苛立たせる。。
いつしか雨に突入し、疲労感を一層増幅させる。。
日東道の中条ICに乗ったら、やっとひといきつけた。

結局、帰りにコンビニに寄り、家に着いたのは8時を過ぎていた。
順当に渋滞さえなければ、ナビは4時半到着をさしていた。
あのまま高速の渋滞に乗ってたら、何時に着いたのだろう?
渋滞情報を見たら、だいぶ解消されていた…
もしかしたら、時間的にはさほど変わらないのかもしれないね。

でも、日本海に沈む夕日も見れたことだし
これでよかったことにしてこう。(^^)

こうして我が家の盆休み旅行は、食べ疲れ車疲れと
わずかな残金を残し、終えたのでした。
家に帰ってくるたび、「やっぱり家がいい」と思うのに
きっと、また出かけるでしょう。不思議ねー。
 
16
 
わんこそばで重いお腹を抱えながら
到着したのは「田沢湖高原温泉 ホテルタザワ 」


実は、宿を予約したのは8月に入ってからのこと。
だんなの仕事が切羽詰っていて、正直ボーナスが出るか?
いや、ボーナスまで会社にいるか?すら不安な状態でしたので
ずっとずっと予定を立てないままだったのでした。

ボーナスのあてが立ち、それからネットで調べだし
結局、「楽天トラベル(旅の窓口)」で予約。
ここで「宿泊地の検索方法」で「設備」を選択すると
細かく選択されて好みの宿が見つかるんです。重宝しています。

さすがに、低予算だったため期待はしてなかったのですが
思った以上に大きなホテルで、部屋も綺麗。
ただ、安い分、部屋の眺望は雑木林が見えるだけの側で
田沢湖ホテルといいつつも、田沢湖は全く拝めませんでした。
(今回は来れただけでも満足で、贅沢はいいませんが)

食べる

夕食も、こんな感じで、きりたんぽ鍋あり、稲庭うどんありで
想像以上に豪華で、お昼のわんこそばが影響してか
ちっともお腹が空かないのを悔やんだくらい。

食う寝る


食べた後は温泉入って寝るだけ(笑)

朝も目覚ましに起こされることなく、ぐっすりで
朝風呂に入ってすっきりして、化粧のノリもよく
上げ膳据え膳でのんびりさせてもらいました。

バイキング


朝食も和食中心のバイキングで、ともかく食べまくりの旅だったかも。
こうして田沢湖高原の旅は満足で終えたのでした。


 
16
 
8月14日、家族で一泊旅行に行きました!
到着希望時刻から逆算し、8時過ぎには家を出る。

磐越道は順調で、東北道に入ってからも
交通量は増えたが快調な走りでした。
途中で渋滞情報が出始め、一関あたりが混んでるよう…
その前に金成PAで一息ついて渋滞にそなえる(笑)

渋滞突入

いよいよ渋滞突入か!と思われましたが
どうやらこれは反対車線の事故渋滞の余波で
6キロほどの自然渋滞だったよう。(反対車線なのに不思議だ)
その後はさほど混雑することなく北上を続け
盛岡ICの混雑を回避し、ひとつ手前の盛岡南ICで降りる。

今回の旅の目的のひとつが盛岡名物「わんこそば」

折角盛岡で高速を降りるのだから挑戦しようと調べておいたら
盛岡でも、わんこそばを出す店は数件あり
その中でも予約のいらない東家を選ぶことにする。
と、いいつつ実は高速途中で念のため予約を入れようと思って
お店には℡してみたのですが「順にお出ししますので」と
言われて予約をせずに行ったのでした。
実際、予定時間を少し過ぎていたのでわずかでも予約のために
席を空けておくのはお店にとっては負担なんでしょうね。。

盛岡の繁華街、少し奥まったところにその店はあり
少し離れた細い小路を入ると駐車場もあります。
お店に入ると、二階がわんこそば専用になっていて
呼ばれます。席につき前掛けをしてその時を待ちます。

わんこそばは、ただ蕎麦だけのイメージがありましたが
振る舞い料理のひとつだったらしく、きちんと膳として
刺身や薬味、デザートまでついてきました。

じゃんじゃん


お給仕さんからルールの説明があり「これから始めます」の後…
気がつくとこんな感じで、写真を撮る暇もありません(笑)。
「じゃんじゃん」「まだまだ」「はい頑張ってー」の掛け声とともに
わんこそばがお椀につぎたされます。この日は混雑していたので
お蕎麦が間に合わない場面があったのですが
そうでなければ休む暇なんてないでしょうねー。

わんこそばは、そばつゆに通してあり、味がします。
何杯か食べていくと、お椀につゆがたまるので捨て桶に捨てます。
薬味も何種類かあるのですが、味が変わって飽きない反面
単に蕎麦だけより喉に通らない場合もあるので(特に鰹節とか)
黙々と食べるか、マイペースで楽しむか選択した方がいいでしょう。
大体4人に1人のお給仕さんが着くので、最初は思ったより楽ですが
他が脱落していくと、次第に集中攻撃されるので辛いです(笑)

途中まで快調に飛ばしてたのですが、いきなり喉を通らなくなり
ああ~、そろそろギブアップかな~。。という頃に
ちょうど蕎麦がなくなりました。お給仕さんがいない間に蓋を
閉めてしまい、ほっとしていたら、お給仕さんが戻ってきて
「本当は見てる前で蓋を閉めなきゃだめなんですよ~」と
残念がってました(笑)。たくさん食べてもらう事がもてなしに
なるんでしょうね。お給仕さん、すみませんっ!!

食べた食べた!

終わってみたらこんな感じ。
長男42杯、次男46杯(蕎麦好き)、わたし49杯、だんな81杯
大凡15杯でかけそば1杯程度らしく、女性でも平均30杯はいくそう。
大人は100杯いくと証明手形がもらえますが
こどもは何杯でも証明手形がついてきて記念になります。

お腹いっぱい状態で車に戻り、駐車代を払おうとしたら
駐車場のおじさんが「100杯食べた?」と聞いてきました。
「残念!だめでした!」と答えると、100杯食べたら駐車代も
タダになるとか!?(おじさんの話だから定かではありませぬが)
その後、車のシートベルトが次第に圧迫して苦しい思いをしたので
正しくは、わんこそば挑戦後は、腹ごなしに盛岡の街を散策するのが
いいでしょう。(歩いている人もたくさんおりました)


20050814-kinen.jpg


※余談ですが、蕎麦好きの次男は「とうぶん蕎麦はいい」と嘆き
頑張りすぎただんなは、その後宿でトイレと友達と化しました。

まあ、忘れられない思い出にはなっただろう
わんこそば挑戦の旅でした。
 
11
 
がんばってます


残暑お見舞い申し上げます。

ブログも更新しないうちに夏が過ぎてしまいますが…
なにもなかった訳ではなく、ありすぎるくらいてんこもりで
毎日があっと言う間に過ぎていくのです。
でも、蝉の脱皮を見つけ、それを撮ることはできる。

ともかく元気で。毎日「酢」を飲み夏を乗り切りましょう。(笑)




↓ここから先はじぶんのための覚え書きというかつぶやき↓

最近の記事

過去ログ +

2013年 10月 【1件】
2013年 08月 【1件】
2012年 09月 【10件】
2012年 02月 【1件】
2012年 01月 【3件】
2011年 08月 【3件】
2011年 05月 【4件】
2011年 03月 【1件】
2011年 02月 【1件】
2011年 01月 【3件】
2010年 12月 【2件】
2010年 11月 【2件】
2010年 10月 【1件】
2010年 09月 【1件】
2010年 08月 【2件】
2010年 07月 【2件】
2010年 06月 【1件】
2010年 05月 【6件】
2010年 03月 【1件】
2010年 02月 【1件】
2010年 01月 【4件】
2009年 12月 【6件】
2009年 11月 【7件】
2009年 10月 【4件】
2009年 08月 【4件】
2009年 07月 【10件】
2009年 06月 【2件】
2009年 05月 【2件】
2009年 04月 【3件】
2009年 03月 【1件】
2009年 02月 【1件】
2009年 01月 【5件】
2008年 12月 【5件】
2008年 11月 【4件】
2008年 10月 【1件】
2008年 08月 【1件】
2008年 07月 【1件】
2008年 06月 【1件】
2008年 03月 【2件】
2008年 02月 【8件】
2008年 01月 【8件】
2007年 12月 【2件】
2007年 11月 【4件】
2007年 10月 【2件】
2007年 09月 【3件】
2007年 08月 【5件】
2007年 07月 【3件】
2006年 06月 【1件】
2006年 03月 【1件】
2006年 02月 【2件】
2006年 01月 【12件】
2005年 12月 【3件】
2005年 11月 【4件】
2005年 10月 【1件】
2005年 09月 【11件】
2005年 08月 【8件】
2005年 07月 【7件】
2005年 06月 【10件】
2005年 05月 【12件】
2005年 04月 【15件】
2005年 03月 【18件】
2005年 02月 【8件】
2005年 01月 【19件】
2004年 12月 【21件】
2004年 11月 【9件】
2004年 10月 【22件】
2004年 09月 【38件】
2004年 08月 【21件】

カテゴリー

プロフィール

annmama

  • Author:annmama
  • 新潟在住、アラフォーで三人の子持ち。ステップファミリーだったり、元ライターだったり、出版社勤務経験あり?だったり、そんな普通じゃないような「あんまま(別)」の普通な毎日です。
    mixiでこの猫を探してください。
    メールはこちらから

最近のコメント

最近のトラックバック

RSSフィード

カレンダー

07 | 2005/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

リンク

ブログ内検索

Copyright © annmama / Designed by Paroday
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。